七田式通信教育コース 取り組む前に…。

こんばんは。mina*です。私は長男の家庭学習に七田式通信教育幼児コースを始めています。

5月スタートなのでちょうど半年ですね!途中、息子の興味をうまく引き出せずに面倒になり、少ししかやらない月もあったり…。でもなんだかんだで息子も遊びの延長のような感じで楽しく取り組んでいるとは思います。

半年経ってこうするとやりやすいなという方法が見えてきたので今日はそちらを書いていきたいと思います。

CD教材を携帯に入れる。

七田式の教材の中にはCD教材がたくさんあります。

私は一回ごとにCDプレーヤーにいれ、流す。という簡単な作業すら面倒に感じてしまい続けられなかったので、全て携帯に入れました。

携帯から直接流せるので、取組みのハードルがぐっと低くなりました。

七田式は聞き流しの取組みも多いので、携帯で流せるのは本当に便利です。

携帯を使いたいときもあると思いますが、そんな時は、CDプレーヤーをBluetoothでつないで流しています。

聞き流しのCDはテレビを消している時間(※食事中や寝る前etc)に聞かせることが多いです。

その月に使用するものをカゴに仕分けておく

七田式通信教育幼児コースに入会するとどどーーーーんと教材が最初に届きます。

そして毎月の取組みリストがA3用紙で届きます。

この取組みリストは4週に分かれており、この取組みリストに沿って進めていくのですが、最初に届いた教材を一ヶ月ですべて使うことはありません。

ですので、その月に使用する教材をリビングのカゴの中に入れておきます。さらにその週に使用するものはすぐに取り出せるようにカゴの手前に置いておきます。

さらに取組みリストはカゴのすぐ近くに貼っておくと教材を手に取ると同時に取り組みも確認でき、スムーズにスタートできます。

準備をしておくと

これだけですが、準備をしておくと子どもがやろうと思ったときにすぐにスタートすることができるのでやってよかったなと思っています。

この準備をするまでは、一年分の教材から今週の教材を見つけて、説明書を見て、さぁやろうとするころには子どもがTVを見始めてしまったり、プラレールで遊びだしたりしていました。そうなると当然もうやる気もなくなり、集中も切れ、私も諦めモードに…。という悪循環に陥っていました。

大体私は月曜の朝か昼間に準備して幼稚園から帰ってきたら、できるようにしています。

こんな感じで落ち着いてきました。

次はどんなふうに進めているかを書いていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました